モンハンストーリーズ2のお話

モンハンストーリーズ2のお話

王道のコマンドバトルに一味利かせた作品

今回はモンスターハンターストーリーズ2のお話をしようかなと思います。
 
モンハンストーリーズ2というだけあって、前作のモンハンストーリーズが存在しますが、登場人物が続投したり一部内容が出てきたりとあまり繋がりはないので、2から新たに始める人にも安心の設計となっています。
 
1からやってみたい!と言う方は、3DSかiOSなどのアプリでやるといいかもしれません。
 
気になるバトルシステムは、コマンドバトルにジャンケン要素を加えたものになります。
赤、青、緑(パワー、スピード、テクニック)の三すくみになっていて、赤は緑に強いと某モンスターゲームの三すくみと似ているので、とっかかりやすいかなと思います。
 
例を出すと、パワーとパワーで対決した場合、結果はdrawになりお互いが同じくらいダメージを与えることになります。
パワーとスピードの場合は負けでこちらが一方的に大ダメージを受けます。
パワーとテクニックの場合は、こちらが競り勝ち大ダメージを与えることができます。
 
他にも、ダブルアクションという要素があり、同じ色の攻撃を自分と味方モンスターが(おそらく同じ部位に?)出した時に一緒に攻撃して大ダメージを与えると言う要素も存在します!
これは相手の攻撃をそのターン封じられるので、積極的に狙っていきたいですね。できないこともあるので、確率なのかな?
 
モンスターには攻撃の癖があり、テクニック攻撃を主にしてくるなどがあります。
その場合はパワー攻撃をすればいいのですが、ある程度ダメージを与えると怒り状態になり、攻撃の癖が変わるので要注意です。
また、部位に対して有効な武器と有効でない武器があるので、色々試すといいと思います!
 
個人的に、ハンマーが効きそうな相手が実は斬撃(大剣、剣)が有効だった、などがあり本家モンハンの知識がたまに役立たないことがあるような気もします。私の気のせいかもしれません。
 
戦闘の要素はまだまだあり、ダブルアクションなどで溜まった絆ゲージを消費し、絆技を放つことができます!
豪快な画面と共に大ダメージを与える様は爽快です。
これもダブルアクションが可能となっており、自分と味方のライダーがお互いにライドしていると、ダブルアクションの絆技になります。ど迫力ですよ!

伝承の儀

ある程度物語を進めると、伝承の儀ができるようになります。
モンスターの持つ遺伝子をひとつだけ別のモンスターに移せるものですね。
移した側のモンスターは消えてしまうので、注意が必要です。
間違えてスタメンやフィールドアクション目的のモンスターを使用しないように、Xボタンでお気に入りにして保護しておくと良いでしょう。
 
伝承の儀では、遺伝子を移す他に、遺伝子のパワーアップもできます。
同じ遺伝子は基本的に継承できませんが、上書きする形で強くすることはできます。
別スロットに同じ遺伝子を入れることはできないと覚えておけば大丈夫だと思います!
 
また、ロックがかかったスロットはメラルー商会やたまに宝箱から拾える「○○の目覚め」というアイテムで解除することができます。
メラルー商会のものは一個限りなので、よく考えて使いましょう。
レベルが書いてあるものは、そのレベルに到達すれば勝手に解除されます。

待つのは破滅か、希望か

ストーリーは基本お使いが多めかな?と思いました。でもナビルーが可愛かったり、オトモンに愛着が湧くのでどんどん進めたくなる魅力がありますね!
 
モンスターのレアな巣、古代巣、遺伝子継承、ライドアクションを考慮したパーティ、いやいやタイプを考慮したパーティなど様々な要素があってとっても楽しいです!
 
私はまだ共闘を試していないのですが、そちらも楽しそうだなーと思っています。
気になった方は是非体験版を落としてみてください!体験版のデータは製品版に引き継ぐことができます。
 
「モンスターハンターストーリー2 破滅の翼」はSwitch、Steamで発売中です。

報告する

関連Blog一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。