ゲーム友達を無料で探すならゲープロ!

ゲーム友達を無料で探すならゲープロ!

インターネットが急速に発展している現代はオンラインゲームも時代に合わせて様々な遊び方ができるようになりました。

FPSなどのアクションゲームも以前はテキストチャットが主流でしたが今では高速インターネットのお陰で展開の早いゲームシステムになってます。Apexやフォートナイトがいい例ですね。基本的に試合中はテキストチャット機能がありません。打ち込んでいる余裕なんてありませんよね。その結果、ボイスチャットが一気に主流になってます。

ボイスチャットでは目の前の展開に対して瞬時に情報を共有できることが最大のメリットです。バトロワやMOBAなどチームプレーを要するゲームに関してはプレイスキルを上げるためにも必須と言えるでしょう。

しかし、このボイスチャットもデメリットがあります。よくTwitterなどで「晒された」や「誹謗中傷を受けた」など人間関係によるトラブルも多発しています。「ゲームを楽しむ」ことを目的にプレイしている人もいれば「ゲームが上手くなりたい」その一心が強すぎて他のプレイヤーに八つ当たりをしてしまう人もいます。いわゆるガチ勢ってやつですね。

この一部の人たちとの出会いが一番、最初のゲーム仲間になってしまうと友達作りをめんどくさく感じてしまうかもしれません。本来のゲーム友達とは一緒に盛り上がって素直な気持ちを共有できる、まさに戦友のようなモノです。

本記事ではそんな「ゆるく楽しみたいんだよ!」って人から「俺より強い奴に会いにいく!」なんて言っちゃってるガチ勢の方まで自分に合った友達作れるサイト「ゲープロ」の紹介記事になります。

ゲーム友達が見つからなくて嘆いている方はぜひ、読んでくださいね。

ゲームは友達がいるとこんなに楽しい!

オンラインゲームを遊ぶ二人の男

SNSや動画サイト(YouTube・Twitch)で楽しそうにオンラインゲームをプレイしている場面を眺めたことはありますか?その動画を見て「なんか面白そう!」と思い、やってみたら「動画を見ていた時ほど面白くないな・・・」なんてギャップを感じたことありませんか?

それもそのはず。結局、人は共感・共有を通じて欲求を満たす生き物なのです。

友達とはそんなゲームの面白さを何倍にも引き上げてくれる最大のツールなのです。もちろん、製作側もそれを理解した上で様々なコミュニケーション機能を用意しています。

では、実際に「どんな楽しみ方」がるのか紹介したいと思います。

チームプレイで強敵を倒す達成感

どんなゲームでも「強敵」は存在します。ちょっとやそっとじゃ倒せない敵です。対人ゲームであれば猛者プレイヤーだったり、モンハンであればミラボレアスだったり(まだ倒せてない)、この強敵達はいくら束になって掛かったところで簡単には倒せません。ですが、「チームプレー」を駆使したらどうでしょう?

僕が実際にバトロワゲーム(フォートナイト)で経験した出来事を話したいと思います。

ゲームを始めた頃は野良でのマルチプレイしかやったことがなく、1位(ビクトリーロイヤル)を取ったことがありませんでした。バトロワ(バトルロワイヤル)とは、ゲーム開始時に数十人〜100名ほどで始まり最後まで生き残ったチームが勝利となるルールです。

つまり、人数が少なくなればなるほど強者が残っていき最終的にはプレイスキルが高い者の勝利となります。しかし、これがチーム戦であればそうとも限りません。

ある日、たまたまネットで知り合った方とフォートナイトをプレイすることがありました。その方とは以前からネットで交流していたので気軽に話せる仲になっていたのですぐにゲームを一緒に楽しむことができました。それから嘘のように1位を取れるようになりました。

それもそのはず。

  • どこに降りるか?
  • 自分と仲間の武器は何か?
  • どういう戦略で1位を狙うか?
  • 強敵が相手の場合はどう攻めるか?

などなど今まで野良では考えたことのないほど細かく作戦を練ってプレイするようになりました。そうすると今まで勝てなかったような相手にも戦略を駆使して圧勝できるようになりました。

チーム戦がメインのゲームはどれだけプレイヤースキルを上げてもチームプレイには勝てないのです。それこそがチーム戦のの楽しみ方になります。

情報の共有

このメリットを多く受けるのはRPGに多いですね。例えば「このモンスターは◯◯を使うと倒しやすいよ!」や「◯◯のダンジョンがレベル上げやすいよ!」など冒険の手助けになるような情報が自然と集まるようになります。

またオンラインゲーム内のイベントでは殆どが「マルチプレイ推奨」となっているため、そのゲームを100%楽しむためにも友達は必須といえるでしょう。

中にはオンラインゲームで知り合った人同士でカップルになったり結婚したりと生涯の伴侶と出会う人もいます。

オンラインゲームでのコミュニケーションはそれだけ人と人の繋がりを強くするものなんですね。

実際にこのサイトの運営を手伝ってくれる人との出会いはゲープロです。めちゃくちゃゲーム対して強い愛情を持っている方で「こうした方がゲーマーは喜ぶ!」みたいな的確なアドバイスをバシバシくれます。ゲーム好きが集まるサイトを作らなければ出会うことはなかった二人だな〜と思っているので、このサイトを作って良かったと思います。

ゲーム友達を探す手段はTwitterが主流

YUKIのTwitterスクショ

ネットで「ゲーム 友達」と検索すると「Twitterで友達の探し方!」「ジモティーを活用しよう!」「オフ会に参加しよう!」最終的には「出会い系を使おう!」なんてぶっ飛んでる内容も出てきますね。ペアーズやwithが紹介されてますが、そもそも出会い系は異性としか出会えません。ゲーム友達であれば性別は関係ないですからね。

そして、せっかく友達を探すならなるべく沢山のゲーマーから自分と価値観の合う友達を見つけたいですよね。

ここではゲーマー人口が一番、多い(偏見)Twitterにおけるゲーム友達探しのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

Twitterのメリット

圧倒的なユーザー数。特に日本ではSNSの中でもTwitterが一番、人口が多いです。月間アクティブユーザー数はなんと4,500万。一般的にLINEやYouTubeもSNSとしてカウントされていますが今回の「ゲーム友達を作る」趣旨とは違うかなと思い、外しています。ユーザー数が多い=ゲーマーも多い(多分)と考えられますね。

そして、Twitterには拡散機能があるため共感されるTweetをすることにより、一気に知名度が上がります。ちょっとした有名人ってやつですね。

FF14では「自己紹介カードが周ってきたらリツイートする」なんて仲間意識の高いユーザーもいますのでゲームによってはすぐに友達を作ることができます。

Twitterのデメリット

ここはあくまで「ゲーム友達を作る上で」のデメリットになります。ちょっと項目が多いのでまとめます。

  • ゲーム以外の情報が多いため、伝えたいことが埋もれやすい
  • スピードが速いため、伝えたいことが流されやすい
  • 文字数に制限があるため伝えたいことが限定される
  • 固定ツイートが一つだけしか出来ないため、他のゲームの友達を作るチャンスが失われる
  • そもそも「ゲーム友達募集詐欺」みたいなのが多い

こんな感じです。実際にはもっとゲーム別・目的別で友達や仲間を探している方もいるとは思いますが、Twitterを眺めていてそれを叶えられてない人が多い印象です。

上記のデメリットをどう解決できるんだろう?どうしたらもっとゲーム友達を簡単に見つけられるんだろう?

僕はずっと考えてました。

ゲープロ×Twitterでゲーム友達が見つけやすくなる!

YUKIのTweetスクショ2

上記で挙げたデメリットを解決するべく本サイト「ゲープロ」を立ち上げました。

ゲープロは単体で完結するものではありません。既存のSNSやチャットサービスなどあらゆるツールを掛け合わせて初めて最高のゲーム体験が味わえると考えています。

詳しくは下記の記事にて自己紹介カードと比較して書いているので気になる方は読んでみてください。

次はゲープロの出来ることと今後の運営方針について紹介したいと思います。

ゲープロの出来ること

ゲープロでは「ブログ」「コメント」「いいね」「フォロー」「メッセージ」など最低限の機能が備わっています。ここでは単に「ゲーム友達を探す」だけではありません。

実際に活用してくれている人の中には、

  • 自分の好きなゲームを知ってもらいたい!
  • このゲームを久しぶりに誰かと遊びたい!
  • ゲーム実況を一緒にやってくれる人を探したい!
  • プロゲーマーを目指す仲間を探したい!
  • 同じ価値観を持つゲーマーと熱く語りたい!
  • 面白い動画やスクショを共有したい!

様々な使い方が可能です。つまり、ゲープロはゲーム好きが集まる一つの「タウン(街)」のようなものになります。

つまり、ゲープロの出来ることは「無限の可能性を秘めている」と考えています。ゲーマーの皆さんと一緒に作り上げていけたらこれほど嬉しいことはありません。

ゲープロのビジョン

ゲープロは今後、

  • ゲープロ主催の賞金付き公式大会
  • 公式大会のLIVE配信
  • プロゲーミングチームの輩出

現段階では上記の体験を提供するべく全力活動中です。(合わせてサイトの修正・機能追加もやってます)

第一回賞金付きオンラインゲーム大会の様子はこちらのチャンネルから見れます。

ゲーム好きが気軽に集まって、より深い話ができる「場所」。

ゲーマーに対しても、楽しい素敵なゲームを制作してくれる開発側にとっても「ゲープロがあって良かった」と言ってもらえるような場所を作っていくことを約束します。

最後に

このゲープロは非エンジニアのノンプログラマーである管理人が「ゲーム友達が欲しい!」という強い想いに従って独学制作しています。足らないところが多くあると思いますが、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

また、「こんな機能が欲しい」「ここ使いづらいから修正して」などご要望はいつでも大歓迎です。皆さんと一緒に作っていきたいと考えていますので。

そもそも、なぜ僕がこんなにゲームに対して想いを寄せているのかというと、ゲームによって人生を救われたと思う場面が多々、あるからです。その話は長くなるのでまたどかで話します。(リクエストがあれば)

今後も一人のゲーマーとしてお付き合い、よろしくお願いします。

ゲーム最高!

報告する

関連Blog一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。