インディゲームエキスポ特集1

インディゲームエキスポ特集1

LOST EPIC

 
昨日はINDIE LIVE EXPOお疲れ様でした!
5時間にわたるインディゲームの紹介は圧巻でしたね。そこで気になったゲームを挙げていこうかなと思います。
 
「LOST EPIC」
 
新しい2D横スクロールアクションゲームですね!昨日からアーリーアクセスが開始されています。
 
内容的には
「LOST EPICは、神と人との戦いを描いた、2D横スクロールアクションゲームです。 プレイヤーは神殺しの騎士となって「神域」と呼ばれる世界を駆け巡り、6柱の神の打倒を目指します」
とのことです。(Steam説明文より)
 
動画を見たのですが、ヴァニラウェアのような繊細な絵柄に、ぬるぬる動く操作感、妖怪にも見える「神々」のデザインがとてもいいですよね。
キャラクタービルドもあるようですし、なかなか長く楽しめそうです!

輪れ廻るワンダーランド

 
オクトパストラベラーのようなHD-2Dに似たグラフィックが特徴的なゲームです。
 
「誰もが幸せになれる(壊れた世界)」で、その世界を壊すか直すかはあなた次第。
イベント選択をするもしないも自由で、そのイベントによってエンディングが分岐することもあるマルチエンディングなゲームです。
1人で全てを創られているとのことで、この先どうなるのかとても楽しみですね!

OU

 
room6さんが送る最新ゲーム、OUです。まだ詳細は出ておらず、1stトレーラーとSteamストアが公開されているのみとなります。
でもSteamに意外と情報があるので、挙げていきたいと思います。
 
「どこか遠い日々に見た、
おぼろげな景色のような世界・ウクロニア。 干上がった河原で、記憶を失くした状態で目覚めた少年「OU」。 尻尾に火をつけたオポッサム「サリー」に誘われ、
自身の物語を追う旅に出かける。 彼を追う「サウダージゴースト」。
主人公と瓜二つの「ジェミニ」。
悲劇に誘う「泣き女」。 様々な存在と出会いながら、物語とその結末は変化していく。 懐かしい児童書の挿絵のような柔らかなペンで描かれた世界。
どこか郷愁感のあるギター演奏による音楽。 そこで展開するのは「だれかのための物語」 ミヒャエル・エンデ作品のように現実との接点を持ち、アドベンチャーゲームの形をした「何か」。
「OU」はゲームに対する一つの挑戦でもあります」(Steam説明文より)

メンヘラフレシア

 
フリーゲームのリメイク作品になります。
メンヘラな少女たちと愛を育むのか、闇に堕ちるのか。
あなた次第でさまざまなメンヘラが楽しめます!
ムービーがいいですよね。
発売日も近いので期待しています!

EDEN.schemata();(エデン・スキマータ)

 
最後になります。
私が一番期待してるゲームですね!
 
グラフィックは手書きアニメで描かれていて、温かみがありますね。
ジャンルもSFミステリーアドベンチャーと好みに刺さります。
一番刺さったのは「新たな事実が浮かび上がるごとにUIまで変わる」というところです!
ゲームの前提が変わっていく、とても楽しそうじゃないですか?
 
発売日が楽しみです!
 
以上のゲームはSteamにありますので、是非チェックしてみてください!

報告する

関連Blog一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。